前へ
次へ

家庭脱毛器の赤みは冷却とアフターケアで対処

お手軽に使える家庭脱毛器ですが、初めての時には少し緊張をします。
照射をして肌を見た時に、赤みが生じていたら、さらに驚くかもしれません。
低出力で照射をしたにもかかわらず、肌に熱を感じて赤みが出た時に、肌トラブルが起きたと感じるケースがあるためです。
家庭脱毛器は脱毛を叶えるマシンですが、パワーは医療機関やエステの機器よりもはるかに低い設計であり、正しい使い方をすることで肌に大きなトラブルを起こすことはありません。
最も低いパワーのレベルで照射をして、もしも肌に赤みが出たとしても、まずは落ち着くことです。
照射は熱を加える行為であり、どんな人でも肌にほのかな赤みを生じることはあります。
これはクリニックやエステで脱毛を受けた際も同じであり、焦る必要はありません。
自分で照射をする中で、肌を保冷剤などでクールダウンさせながら、無理のないパワーでお手入れをすることです。
自宅での脱毛器での照射でも、アフターケアとして十分な保湿をします。

Page Top